腰の痛みで考えられる原因とは?

何となく、腰痛というと年寄りのようなイメージを持たれてしまいますが、実際は腰痛が若い人にも増えていることを知らない人も多いかもしれません。一言で腰痛と言っても、その種類や原因は全く異なります。例を挙げますと、よくある原因としては筋肉痛です。

運動だけではなく、家事や仕事などによって起こる事もあります。次に挙げられる原因として、コリです。肩こりと同様に、血行が滞ることによってコリが起こってしまった状態でも腰に痛みを感じることがあります。これは、腰を長時間曲げたような悪い姿勢を続けることで引き起こされます。

また、関節の軟骨がすり減ることで起こる腰痛は老化に伴って増加しています。腰痛が年寄りのようなイメージがあるのは、おそらくこの原因からきている腰痛のためでしょう。しかし、こればかりが腰痛の原因ではありません。一般的にもよく知られているぎっくり腰は、腰にいきなり力を入れた時に突然起こる事で知られています。

関節炎にはグルコサミンだけでなくコンドロイチンもおすすめ。コンドロイチンの効果は関節痛を和らげるほか神経痛の緩和にも役立ちます。

このように、腰自体に問題があって起きる腰痛がたくさんありますが、場合によっては、内臓疾患が腰痛を引き起こしていることもあります。例をあげますと、すい臓がんなどの場合、自覚症状がほとんどないと言われていますが、末期になってくると自覚症状として腰痛が現れることもあります。

このように、腰の骨や筋肉に問題が発生して起きる腰痛だけではなく、内臓疾患が原因で起こる腰痛もあることを覚えておきましょう。どちらかと言えば、内臓疾患が原因で起こる腰痛のほうが恐ろしい腰痛とも言えます。特に腰痛の原因に心当たりがないのに、腰に何となく鈍い痛みを感じるようになったという人は、健康診断を受ける事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>