Monthly Archives: 12月 2013

女性に多い低体温はどんなもの?

女性には、低体温が多いと一般的に言われていますが、この理由について少し考えてみます。

まず、女性に低体温が多い最も主な理由は生理があるためです。生理というのは低体温期と高体温期というのがあるため、どうしても体温が低くなってしまう時期があります。

ですが、普段の平熱が36度以上あったといても、35度台にならないと低体温期ではないと間違った認識をしてしまう人もいます。しかし、35度台の低体温というのは、低体温期ではなく、身体が冷えたために低体温になっている方が多いです。

更に、女性というのは男性と比較すると、筋肉が少ないために、熱を生み出すための働きが悪いという事も、低体温になりやすい主な理由です。この筋肉量の少なさに起因する低体温は女性に多くみられる生理不順や冷え性を引き起こす主な原因となります。更に、この低体温が不妊にも影響を及ぼしている可能性もあるため、真剣に向き合う必要があります。

そして、その他にも主な原因の要因となっている、ストレスや生活習慣、その他にも冷房が強めに効いた室内に長時間いるといった事はありませんか?もし思い当たる節がある方は、注意するようにしましょう。

こういった生活を続けていると、自律神経の働きが乱れてしまうため、身体の色々なところに、不快な症状として現れてきます。不快な症状というのは、例えばむくみや肩こり、手足の冷え等も引き起こしてしまうため、低体温というのは様々な病の要因となるわけです。

この低体温を改善するためには、サプリメントや漢方薬も効果はあるのですが、最も肝心なのは、自分の食生活や生活習慣を見直して、なるべく自然な形で改善できるようにすると良いでしょう。そして、低体温に自分がなっていないかという事を医療機関等で確認して、もし低体温になっている可能性があるのであれば、なるべく早期に改善するための取り組みを行っていきましょう。低体温におすすめのサプリは同時に貧血も解消することができます。

食習慣や生活習慣を改善しつつ、サプリメントや漢方薬等を上手に使って、低体温から正常な体温に改善できるように努力していきましょう。