女性に多い低体温はどんなもの?

女性には、低体温が多いと一般的に言われていますが、この理由について少し考えてみます。

まず、女性に低体温が多い最も主な理由は生理があるためです。生理というのは低体温期と高体温期というのがあるため、どうしても体温が低くなってしまう時期があります。

ですが、普段の平熱が36度以上あったといても、35度台にならないと低体温期ではないと間違った認識をしてしまう人もいます。しかし、35度台の低体温というのは、低体温期ではなく、身体が冷えたために低体温になっている方が多いです。

更に、女性というのは男性と比較すると、筋肉が少ないために、熱を生み出すための働きが悪いという事も、低体温になりやすい主な理由です。この筋肉量の少なさに起因する低体温は女性に多くみられる生理不順や冷え性を引き起こす主な原因となります。更に、この低体温が不妊にも影響を及ぼしている可能性もあるため、真剣に向き合う必要があります。

そして、その他にも主な原因の要因となっている、ストレスや生活習慣、その他にも冷房が強めに効いた室内に長時間いるといった事はありませんか?もし思い当たる節がある方は、注意するようにしましょう。

こういった生活を続けていると、自律神経の働きが乱れてしまうため、身体の色々なところに、不快な症状として現れてきます。不快な症状というのは、例えばむくみや肩こり、手足の冷え等も引き起こしてしまうため、低体温というのは様々な病の要因となるわけです。

この低体温を改善するためには、サプリメントや漢方薬も効果はあるのですが、最も肝心なのは、自分の食生活や生活習慣を見直して、なるべく自然な形で改善できるようにすると良いでしょう。そして、低体温に自分がなっていないかという事を医療機関等で確認して、もし低体温になっている可能性があるのであれば、なるべく早期に改善するための取り組みを行っていきましょう。低体温におすすめのサプリは同時に貧血も解消することができます。

食習慣や生活習慣を改善しつつ、サプリメントや漢方薬等を上手に使って、低体温から正常な体温に改善できるように努力していきましょう。

腰の痛みで考えられる原因とは?

何となく、腰痛というと年寄りのようなイメージを持たれてしまいますが、実際は腰痛が若い人にも増えていることを知らない人も多いかもしれません。一言で腰痛と言っても、その種類や原因は全く異なります。例を挙げますと、よくある原因としては筋肉痛です。

運動だけではなく、家事や仕事などによって起こる事もあります。次に挙げられる原因として、コリです。肩こりと同様に、血行が滞ることによってコリが起こってしまった状態でも腰に痛みを感じることがあります。これは、腰を長時間曲げたような悪い姿勢を続けることで引き起こされます。

また、関節の軟骨がすり減ることで起こる腰痛は老化に伴って増加しています。腰痛が年寄りのようなイメージがあるのは、おそらくこの原因からきている腰痛のためでしょう。しかし、こればかりが腰痛の原因ではありません。一般的にもよく知られているぎっくり腰は、腰にいきなり力を入れた時に突然起こる事で知られています。

関節炎にはグルコサミンだけでなくコンドロイチンもおすすめ。コンドロイチンの効果は関節痛を和らげるほか神経痛の緩和にも役立ちます。

このように、腰自体に問題があって起きる腰痛がたくさんありますが、場合によっては、内臓疾患が腰痛を引き起こしていることもあります。例をあげますと、すい臓がんなどの場合、自覚症状がほとんどないと言われていますが、末期になってくると自覚症状として腰痛が現れることもあります。

このように、腰の骨や筋肉に問題が発生して起きる腰痛だけではなく、内臓疾患が原因で起こる腰痛もあることを覚えておきましょう。どちらかと言えば、内臓疾患が原因で起こる腰痛のほうが恐ろしい腰痛とも言えます。特に腰痛の原因に心当たりがないのに、腰に何となく鈍い痛みを感じるようになったという人は、健康診断を受ける事をお勧めします。

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪症候群とも言われ、内臓脂肪型肥満と合わせて、高血糖、脂質異常、高血圧のいずれか2つ以上がある状態のことです。内臓脂肪型肥満と、高血糖、脂質異常、高血圧が重複すればするほど、命に関わる病気を招く危険性が高くなります。

内臓脂肪が過剰に溜まってくると、高脂血症、高血圧症、糖尿病などの生活習慣病を併発しやすく、動脈硬化を促進させてしまうのです。生活習慣病は、運動不足、食べ過ぎ、不規則な生活、喫煙などの悪い生活習慣が積み重なって起こりますので、生活習慣病の改善・予防のためには、生活を見直すことが何より大切になってきます。

内臓脂肪は、皮下脂肪と違い、溜まりやすく減りやすいのが特徴です。

内臓脂肪は運動不足や食べ過ぎが原因で溜まってしまうので、メタボリックシンドロームから脱却するには、生活習慣を改善し、バランスの良い食事を規則正しく摂ったり、健康的に身体を動かす機会を増やす等が効果的です。

身体を動かすことが習慣になると、消費エネルギーが増え、身体の機能が活性化するため、血糖や脂質がきちんと消費されるようになるため、内臓脂肪が溜まりにくく、減りやすくなります。身体を動かすことが習慣化して、徐々に運動量が増えることで、体力もUPします。

ただし、血圧の高い人は、血圧や体調をしっかりチェックし、調子の悪い時には無理しないで運動は中止しましょう。また、通院している人は、主治医などに相談してから適した運動をするように心がけてください。